読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てすたんの日記

testa021の日記 TeslaCrypt、ランサムウェア、mp3ウイルス、VVVウイルス、パソコンとかソフトのレビューが多い感じ?

スポンサーリンク

ERAM改造版をwindows 7 RC x64にインストールする方法と、windows 7 x64でドライバの強制署名を回避する方法

windows 7 RAMDISK

このような優秀なRAMDISKを一般人が使えるようにしてくださったERAM作者、改造版のパッチ作者、某所の方々に感謝します

改造版であることから、ファイルへのリンクはしません
最低でも自力でファイル程度は探せる方が対象です
それから某所の過去ログを読まずに某所で質問をする行為はやめましょう
ここへの質問はご自由にして下さい
それから自己責任でお願いします
もうパーティションごとバックアップとっちゃうのが早いと思います

ERAMは敷居が高いので、RAMDISKを入れたいだけならgavotte ramdiskを使うことをお勧めします
パソコンいじり さんのところの記事が分かりやすかったです
http://pasokoniziri.blog32.fc2.com/blog-entry-6.html



[ERAM改造版の導入方法]
※私は切り分けが面倒なので最初からUACを切って作業してますので、どこで管理者権限が要求されるかはわかりません

えらー15の小屋 さんのところから
http://hp.vector.co.jp/authors/VA000363/
ERAM for WindowsNT3.51/4.0/2000/XP Ver 2.23暫定版
ERAM for WindowsNT3.51/4.0/2000/XP Ver 2.20 ドライバ
をダウンロードする

某所からfuck0665.zipをダウンロード

ERAMN220.LZH内の ERAMNT.DOC、
ERN40711.LZH内の README.TXT、
ERN40711.LZH内の SRC\ERAMNT.Cの上部に書かれている更新履歴
fuck656zip内のReadme.txtの下記に記載してある注意と解説をよく読む。

eramia64.exe、またはeramx64.exeを実行する
eramia64.exeはItanium、Itanium 2
大抵のCPUはeramx64.exe
ERAMN220.LZHを展開したフォルダを指定して、"Start!"をクリックする。

fuck0665\XP64bit\にあるinfファイルをERAMN220のフォルダへコピー
infファイルを開き、
1 = %DisketteLabel%,%TagFile%,,%SubDirectory%
を検索
1 = %DisketteLabel%,%TagFile%,,;%SubDirectory%
に書き換える


で、x64特有のドライバの署名強制を回避する必要があります
私が知ってるやり方は2つあります
①OS起動時にF8を押して、ドライバの署名の強制を解除する(毎回手動で選択するか、ツールを利用する)
ReadyDriver Plus V1.1 (F8からの署名解除を自動でしてくれるらしい)
http://www.citadelindustries.net/readydriverplus/index.php

②簡単楽ちんなのが
Driver Signature Enforcement Overrider 1.3b(ドライバの署名をオレオレしてテストモードにしてくれるらしい?詳細不明)
http://www.ngohq.com/home.php?page=Files&go=cat&dwn_cat_id=34&go=giveme&dwn_id=826

使い方は、ダウンロードして、sign a systemfileでeram64.sysを指定
Enable test modeを適用して、再起動


どちらかの方法でもいいんですが、再起動が終わったら
ファイル名を指定して実行
hdwwiz.exe
ハードウェアの追加ウィザードを出す
次へ
一覧から選択したハードウェアをインストールする(詳細)
すべてのデバイス
ディスク使用
で、ERAMN220に入れた.INFを指定
署名がとごちゃごちゃ言われますがびびらずにインストール

再起動
コントロールパネルにERAMがあれば成功です


次回はRMADISKを各ブラウザ(firefoxIE、chorome、SRware Ironあたり)のキャッシュに適用する方法を書きたいと思います